youtubeモンストアニメ公式チャンネル第二期第十九話

 youtubeモンストアニメ公式チャンネル(https://www.youtube.com/channel/UCWzenZSy9GJBcPzdSm-UX5w)で「モンスターストライク」アニメ本編を視聴。
 第十九話「女海賊アルビダの奮闘」。
 焔レン、オラゴン、水澤葵、若葉皆実、影月明、マナ・リビングストン、ワルプルギスは、班目グループCEOのミスター班目穣のプライヴェイト・ジェットで台湾旅行に招待された。
 班目穣が秘書とミロクを連れて台湾に来たのは、巨大なモンスター反応が台湾において消滅したことの真相を探るため。そこへ焔レンの一行をも招待したのは、何か異変が生じて戦闘が始まった際に「保険」として利用するためだった。
 台湾において消滅した巨大なモンスターとは、海を守る女神、媽祖に他ならなかった。媽祖が行方不明になった結果、女海賊アルビダと提督カレン・ネイヴィス率いる海軍との間の勢力均衡が破れ、戦争が生じていた。アルビダの海賊仲間であるエドワード・ティーチとサン・カモメーノは、媽祖は殺されたのであり、殺したのはカレン・ネイヴィスに違いないと主張したが、オラゴンはエドワード・ティーチとサン・カモメーノの二人こそ犯人ではないかと直観し、焔レンにその旨を耳打ちした。あたかもこの直観の正しさを裏付けるかのように、媽祖の臣下である千里眼が現れ、媽祖は必ずやどこかで生きていると断言した。
 気になるのは、アルビダが守っている少女の存在。何者であるのか。当人も自身の名を憶えていない。憶えているのは、かつて父を海で見失ったこと、そして自身はアルビダに救出されて生き延びたということ。この悲しい過去は、媽祖の境涯に一致してはいないか。この少女こそは姿を変えられた媽祖ではないのだろうか。
 今回、カレン・ネイヴィスとのアルビダの戦闘には、焔レンは龍馬で、影月明は神威で、若葉皆実はナイチンゲールで、そして水澤葵はノストラダムスで参戦。ナポレオンの帽子はアルビダの帽子と似ていて紛らわしいかもしれないから、ナポレオンではなくノストラダムスで参戦したのは正しいのかもしれない。
 声優陣も注目に値する。アルビダを演じるのは戸松遥。カレン・ネイヴィスを演じるのは遠藤綾。「妖怪ウォッチ」で云えばケータとコマさんが対決しているに等しい。アルビダの声の凛々しく強い気高さは「ソードアート・オンライン」のアスナに通じる。その声が「妖怪ウォッチ」で無茶苦茶な台詞を連発しているのは、あらためて考えると凄まじい。

台風の前の夕暮れの空

 台風が近付いているからか、夕空の色が奇妙だった。

パソコンが更新のために存在している

 暑さの所為か疲れているので早めに寝るようにしているが、あまりにも暑くて冷房が充分には効いていないからか未明に一度は起きてしまうので、連続では三四時間程度しか寝ていないことになるようで、なるほど存分に寝た気がしない。
 それで今宵(日曜の未明)、不図起きたとき不意にパソコンの起動の音声が聞こえ、観ればウィンドウズでは馴染みの勝手な更新と勝手な再起動を強行された直後だった。今やパソコンは使用のために存在しているのではなく更新のために存在しているのであると云うも過言ではない。

ニコニコ動画ユーリ!!! on ICE第一滑走

 著名なアニメイター平松禎史が昨年後半以降の大人気テレヴィアニメ作品「ユーリ!!! on ICE」のキャラクターデザイン&総作画監督をつとめていることについては予て各種アニメ雑誌等の記事で知ってはいたが、昨日の朝だったか、先日開催された三橋貴明シンポジウムにおいて、経済と文化のグローバル化状況における所謂非関税障壁としての地域文化の固有性を防衛する最後の防波堤をなし得るのは漫画とアニメではないか?という問題提起を受けて発言を求められた平松禎史が「ユーリ!!! on ICE」の地域経済効果について語っていたのを動画サイトで観て、今更ながら「ユーリ!!! on ICE」に興味を持ち始めていた。
 そうした中で今朝twitterで、シネマサンシャインMASAKIが「ユーリ!!! on ICE」4DX版の上映を決定した由の告知を見た。これは大変よい機会であるのかもしれない。TV版から観て予習しておきたいと思った。
 それで早速、今日の夕方、銀天街アニメイト松山店で『新海誠監督作品 君の名は。美術画集』を購入して特典として「ツキウタ。」のカードを頂戴して帰宅したあと、ニコニコ動画の「ユーリ!!! on ICE」公式チャンネル(http://ch.nicovideo.jp/yurionice)で無料配信中の第一滑走「なんのピロシキ!! 涙のグランプリファイナル」を視聴してみた。
 完成度の高さに圧倒され、意外な面白さに惹き込まれた。フィギュアスケートには全く通じていないが、流麗な動作の滑らかさと力強さには驚嘆した。現実を超えてしまっているのではなかろうか。しかも予想外にギャグ満載で、ことに主人公の勝生勇利のダメダメさ加減が面白く、反面、秘められた才能は格好よく、対するにロシアのユーリ・プリセツキーの柄の悪さも愛らしい。そして何といっても、佐賀の唐津の温泉「ユートピア勝生」の露天風呂におけるヴィクトル・ニキフォロフの裸体の、完璧な造型の美しさ。素晴らし過ぎる。
 もっと早くに観ておくべきだったと感じた。そのように感じたのは映画「ハイ☆スピード!」以来であるかもしれないが、そういえば、内山昂輝の役が豊永利行の役を睨んでいるのは両作品に共通であるのか。

妖怪ウォッチバスターズトレジャー編第三回/東京さ行くだラップとジョジョ立ちと与作/ラストブシニャンがトムニャンに代わりジャポン探訪

 ニコニコ動画の「テレビ東京あにてれちゃんねる」(http://ch.nicovideo.jp/ch7)内の「妖怪ウォッチ」公式チャンネル(http://ch.nicovideo.jp/youkai-watch)で配信された第百八十一話を視聴。
 一。
 バスターズトレジャー編第三回「命をつなぐロープ」。
 蛇だらけのダンジョンで「流石、大大大冒険家のインデイさんズラ」ことインディ・ジョーズと、偶々一緒に行動し始めたジバニャンとコマさんの三名はそれぞれ別々の穴に落ちたが、行先はそれぞれ蛇の大群と温泉と入口。蛇に対する恐怖心のゆえに鮫肌が鳥肌になる程のインディ・ジョーズが大勢の蛇に追い掛け回されていた間、ジバニャンテレヴィでアイドルに声援を送り、チョコボ―を食べ、コマさんも温泉に浸かり、ソフトクリームを食べた。先週も似た展開を見た。

 二。
 妖怪モ作事件。
 人々が些細な問題で苦悩し模索してしまうのは妖怪モ作の所為。ジョジョ立ち吉幾三風ラップを始めさせてしまうが、モ作の生前の職業は樵であるから、むしろ与作。…かと思えば、樵ではなく木の方がモ作の正体だったという謎の結末。
 三。
 ラストブシニャンのジャポンの歩き方第一回「おにぎり」。
 トムニャンのジャポン探訪(全五回)に代わって今度はラストブシニャンがジャポン探訪。トムニャンが案内役をつとめるが、何も知らないので案内役をつとめようがなかった。

ゼビオの通信販売は覚悟を要する

 先週、ゼビオで購入した服を大いに気に入り、色違いも欲しいと思って気軽にゼビオの通信販売サイトで注文したのが二日前。しかるに昨日の間はそれについてゼビオ側から何の連絡もなく、今日になって漸く注文を確定した旨の連絡が来たが、発送については何の連絡もない。多分、未だ発送の準備さえもできていないのだろう。これでは一体、いつになったら到着するのか判らない。失望した。かの天下の名門リーヴァイスは、土曜の夜に注文したら日曜の朝には注文を確定し、夜には発送を完了し、おかげで火曜には商品を受け取ることができたのに。思うに、ゼビオの通信販売は、気軽には利用してはならないのだろう。気軽に利用してしまったことを反省しなければならないのだろう。何が何でも通信販売で購入するしかないと覚悟を決めたときのみ、通信販売を利用することができるのがゼビオの道であると思い知らされた。

怪盗ジョーカーストリートワゴンショップと藤子・F・不二雄ミュージアムどら焼きアイス

 このところ暑さの所為か何だか妙に疲弊している中、久し振りに赤い夕陽を見た。
 twitterで得た情報で大いに心惹かれたこと二件。東京駅キャラクターストリートに昨日開店した「怪盗ジョーカー ストリートワゴンショップ」に行って怪盗ジョーカーグッズを買いたいということと、川崎市藤子・F・不二雄ミュージアムに行って「どら焼きアイス」を食べたいということ。