NHK朝ごはんの現場ナレーターは今日から石川界人/堀越耕平著ヒロアカ第十四巻/個性の継承をめぐる爆豪勝己の話とナイトアイと遠形ミリオの話

 朝、NHK朝ニュースの「朝ごはんの現場」。ナレーターは今日から石川界人。両国にある結婚式企画会社の社員食堂は社員とその家族の健康を支えるため朝食を提供する。
 代休日で、朝起きたあと再び寝て、起きたのは午後。昼食を摂らないまま、書棚の一部の整理。床に置いていた不要のものを廃棄するため梱包して片付け、また少しは室内が清浄化された気がした。そうして気付けば既に夜。
 ところで。
 堀越耕平著『僕のヒーローアカデミア』第十四巻。
 緑谷出久爆豪勝己は喧嘩して、オールマイトに止められ、語り合った。
 新学期。緑谷出久は遠形ミリオとともにサー・ナイトアイの下でインターン開始。しかし、かつてオールマイトのサイドキックだったナイトアイは、自身の弟子である遠形ミリオこそがオールマイト後継者に選ばれるべきだったと信じていた。
 他方、敵(ヴィラン)連合にはオーバーホールが接触していた。
 第十三巻には「てめェの”個性”の話だ」という極めて重大な話があって、この第十四巻にはそれに続いて個性の継承をめぐる二つの話が描かれている。爆豪勝己には、緑谷出久が「選ばれた」ことへの苦悩があるが、捻れながらも友情もある。しかし、ナイトアイにはそんな情はない。緑谷出久が譲渡されて有している個性を、何とか諦めさせて遠形ミリオに譲渡させたいと企んでいる。緑谷出久にとって最大の逆境とも云える。これがどうなるのか甚だ気になる。