打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?シネマサンシャインMASAKIで鑑賞

 休日。午前には寝ていて、午後に慌ただしく外出。エミフルMASAKIに到着したのは午後三時半頃。シネマサンシャインMASAKIで上映時刻表を確認して券を買い、約一時間の余裕があったので、先ずはエミフル店外にある家具店と電器店で買物をしたあと、店内に戻り、タオル美術館で青地に黒猫文様のタオルを二枚。定刻の約十五分前になったので急ぎ映画館へ戻り、アイス抹茶オレと、空腹だったのでチョコレイトのワッフルも買って入場。
 夕方四時三十分から、映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」を鑑賞した。
 感想。意外にも楽しめた。世間の評判を聞いていたので、かなりの駄作であるのかもしれないとも予想し、云わば悪口を書くつもりで観てみたのに、予想外だった。前半にはどこか懐かしい情感があり、後半にはそうした情感を上書きして塗り潰してゆく異質な空の下の、小さな逃避行の混沌があった。この後半に次々現れた様々に不気味な空間表現が面白かったが、あれも劇団イヌカレー空間だったろうか。
 そして「典道くん」の顔も声も嫌いではない。
 twitterで幾つかの感想を眺めた中には、この映画「打ち上げ花火」に往年の「ドリフ大爆笑」における「もしもシリーズ」の「オマージュ」を見る説があり、もちろん半ば冗談で云われたのだろうとは思うが、実に説得力があったので感服した。私見では、後半の逃避行の途上、電車内でヒロインが昔のアイドル歌謡曲を歌い始めて以降の、突然勃発した鉄道沿線の追走劇や、岬の灯台の階段を延々駆け登ってゆく展開には劇場版「クレヨンしんちゃん」に近い面白さを感じたが、話の構造を考えるなら確かに、むしろ「ドリフ大爆笑」の「もしもシリーズ」だろう。この近似性に気付いてこそ異なる点の重要性も見えてこよう。「打ち上げ花火」が「ドリフ大爆笑」と異なるのは、選ばれなかった複数の過去が、最後の最も不気味な花火の中に、美しくも哀しく、懐かしく表された点にある。
 twitterも含めてインターネット上に氾濫する酷評の中には映像の拙さを指摘する声も少なくなく、なるほど、絵が光の効果に暈され過ぎているのか余りにも不鮮明だったし、手描き部分と3DCGの調和の不足も(劇場版モンストアニメ程には露骨ではなかったとはいえ)目立っていたし、登場人物の動作が滑らかではない中で絵の不安定感も強調されがちだったろう。「君の名は。」も「聲の形」も「劇場版SAO」も、「ドラえもん」も「クレヨンしんちゃん」も「ポケットモンスター」も「妖怪ウォッチ」も、「ひるね姫」も「メアリ」も、「ノーゲーム・ノーライフ ゼロ」も「魔法少女リリカルなのは」も、何れもそうした点ではそれぞれ安定した出来栄えだったことは、シャフトには不利だったのかもしれない。しかし、そうした表現技術の質を求めるのは実は一部の先鋭な人々のみで、彼等の声がインターネット上に拡散され過ぎて無用に共有され過ぎてしまったのが現在の事態の真相ではないのか?と思えなくもない。
 ともあれ、売店で「打ち上げ花火」のパンフレットを二冊、「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」パンフレットの二冊目を買って映画館を去り、暫し店内を歩いた。
 エミフルMASAKI二階フードコートの出切口付近には「ポケモンストア」の開店を予告する大きな看板があった。四国初の開店であることが記されている。楽しみ。
 店内には浴衣を着た若者が散見された。郊外電車で松山市駅へ戻ってみれば、さらに大勢の浴衣の人々が見えた。駅の改札口の手前には三津浜駅と松山市駅の間の往復券の販売所が特設されていた。なるほど、今宵は台風で延期されていた三津浜花火大会の開催日だったのか。それで帰宅後、愛媛CATVで三津浜花火大会の生中継放送を鑑賞。その終盤、会場では花火に合わせてRADWIMPSの「前前前世」が流れていた。「打ち上げ花火」の主題歌ではないのか。

 

朝ごはんの現場再放送

 NHK朝ニュース6時台。「朝ごはんの現場」(再放送)。名古屋の長寿双子きんさんぎんさん姉妹の妹ぎんさんの娘たちも長寿。その秘訣をぎんさん伝授の朝ごはんに求める内容で、ナレーターは宮野真守だった。どうやら火曜に再放送される予定だったのが土曜に延期されたらしい。今回の再放送は今日で終了だろう。
 こうして「朝ごはんの現場」については、今までに七月放送分の森久保祥太郎鳥海浩輔杉田智和櫻井孝宏、五月放送分(八月再放送)の神谷浩史宮野真守を聴くことができた。五月の梶裕貴と七月の下野紘を揃って聴き逃して残念。
 そしてNHK朝ニュース四国版。氷彫刻の特集に砥部ZOOで人気を集める白熊ピースが出た。「人造昆虫カブトボーグ」第三十四期に登場したZOOの白熊ピークのモデルに他ならない。
 夜、仕事関係の小会のあと、松山城三之丸堀之内公園を通りがかったら「まつやま万燈会」が行われていた。

 

 

 

冒険家ゾン・ビー・C(チョッパー)のゾンビ軍団攻略/妖怪盆踊と人間盆踊を往還するコマさんコマじろう兄弟/ラストブシニャン蕎麦店探訪とコマさんコマじろう椀子蕎麦

 ニコニコ動画の「テレビ東京あにてれちゃんねる」(http://ch.nicovideo.jp/ch7)内の「妖怪ウォッチ」公式チャンネル(http://ch.nicovideo.jp/youkai-watch)で配信された第百八十三話を視聴。
 一。
 バスターズトレジャー編第五回「ゾン・ビー・C(チョッパー)」。
 ゾンビの大群に守られたダンジョンで、「大大大冒険家のインデイさんズラ」ことインディー・ジョーズと、ジバニャンとコマさんの前に現れた新たな冒険家の名はゾン・ビー・C(チョッパー)。ダンジョン内に仕掛けられた数多の罠には悉く絡めとられ、その度に倒されるが、決して動じることがな。なぜなら既に死んでいるから。しかし、一応はゾンビではあるが、ダンジョンを守る大勢の一般ゾンビとは一緒ではない。。
 ゾン・ビー・C(チョッパー)が囚われ、ゾンビの大群に包囲されて追い詰められたとき、インディー・ジョーズは携えていた事典でゾンビの倒し方を調べ始め、その間、待ちくたびれたジバニャンは居眠りを始め、アイドル雑誌を読み、チョコボ―を食べて過ごし、コマさんも居眠りを始め、テレヴィを眺め、浴槽に浸かって過ごした。
 二。
 妖怪の盆踊り事件。
 ケータとジバニャンとウィスパーは夏祭の屋台を見て食べ歩いていたときコマさん&コマじろう兄弟に遭遇し、妖怪盆踊の会場への入口がチョコバナナ屋台にあることを知らされ、皆で参加した。ケータとジバニャンとウィスパーの出番がここで終わり。あとはケータのあとに続いて妖怪盆踊の会場へ迷い込んだ幼女と、コマさん&コマじろう兄弟の交流の話。コマじろうによれば、この幼女は偶々妖怪を「見る」能力を具えていたようだが、そうした能力を具えていない幼女だったなら、人間も妖怪も誰もいない奇妙な盆踊の会場に迷い込んだことになっていたろう。それもまた恐ろしい。
 三。
 ラストブシニャンのジャポンの歩き方第二回「そば」。
 街中の普通の蕎麦店で普通の蕎麦を食べたあと、椀子蕎麦が何であるのかを知らないまま椀子蕎麦をも食べてみたいと云い出したラストブシニャンに対し、それが何であるのかを知らないトムニャンは歌を歌って誤魔化そうとしたが、ラストブシニャンは「GOZONJINAIDE-GAZARUKA」と冷笑。そこでトムニャンは先輩面を保つべく犬に蕎麦を持たせて差し出したが、同じ店の中でコマさんはコマじろうに椀子蕎麦を食べさせてもらっていた。普通の蕎麦店で椀子蕎麦を調達してしまえるコマじろうの能力の高さ。コマさんは「いつ食べても美味しいズラ」と云っていたから、この店で幾度も食べてきたのかもしれない。

五月に放送されたNHK朝ごはんの現場第一弾第五回の再放送

 朝、目覚まし時計の代わりに点灯するテレヴィから、NHK朝ニュースの特集「朝ごはんの現場」の音声が聴こえてきた。先月十日から十四日まで七時台に放送されたのはその第二弾で、第一弾は五月に放送されたようだが、今週は六時台に、五月の第一弾を再放送しているらしい。今朝のナレーターは神谷浩史。沖縄の子ども食堂について爽やかに楽しく伝えていた。ということは、月曜は梶裕貴だったろうか。見逃して残念。

岩鳶中学水泳部記録会お疲れ様パーティーのブルーレイディスク&DVDを慌てて注文

 今年の三月十九日、両国国技館で挙行された「映画ハイ☆スピード!-Free! Starting Days-」の「スペシャルイベント岩鳶中学水泳部記録会お疲れ様パーティー」については、夜の追加公演に参加した。同日ここに記した通り。この盛大なイヴェントの様子を伝えるブルーレイディスク&DVDが発売される予定であることを知ってはいたが、当のイヴェントにおいて告知されていた映画「Free! -Timeless Medley-」(テレヴィアニメ「Free!」総集編)二編への失望の所為もあって予約への熱意を欠いてしまい、気付けば既に発売日の前日になっていた。正式な発売日は明日だが、一部の通信販売サイトでは前日にあたる今日、早くも配達をしていて、一足早く受け取った喜びの声がtwitterには見られる。迂闊だった。
 それで今宵、遅れ馳せながら注文しようとしたが、Amazonでは品切れになっていたので、HMVで注文。HMVでは映画&アニメのブルーレイディスク&DVDを三点まとめて購入すれば最大二十六パーセントもの割引料金が適用される由だったので、「岩鳶中学水泳部記録会お疲れ様パーティー」のブルーレイディスクを一枚、DVDを一枚、そして映画「ドラえもん 新・のび太の日本誕生ブルーレイディスクを一枚、以上三点を注文した。三日後には届くのだろうか。
 他方、映画「Free!」の監督は必ずしもテレヴィアニメ「Free!」の方針をそのまま継続しようとしているわけでもないらしいとの説もあり、雑誌「spoon.2Di」最新号における同監督インタヴューがそれを裏付けているとの噂をインターネット上で見かけたので、真相を知るべく、夕方にアニメイト松山店で問題の雑誌を買ってきた。案外、その時点で同店には「岩鳶中学水泳部記録会お疲れ様パーティー」のブルーレイディスク&DVDが置かれてあったのかもしれない。迂闊だった。

怪盗ジョーカーに続く怪盗少年ジョーカーズ

 夕方、大街道の書店で『月刊コロコロコミック』九月号を購入して帰宅。
 小学館『月刊コロコロコミック』九月号。その293-296頁には先月号で突然の最終回を迎えた「怪盗ジョーカー」に代わる新連載の告知が掲載されている。たかはしひでやす新作の名は「怪盗少年ジョーカーズ」。主人公は少年怪盗のJとカイ。
 怪盗ジョーカーによく似た少年、Jは既に先月号の「怪盗ジョーカー最終回にも登場していた(八月号685頁)。その姿を見て、ジョーカー自身もハチもクイーンもスペードもシルバーハートも、「まさかジョーカーの子ではないのか?」と感じていた。当人たちがそう感じているのであるから、多分それで間違いなかろう。
 問題は、カイ。
 Jによく似た姿をしているが、明確に見分け得る個性を具えてもいる点で、Jとカイの関係はジョーカーとシャドウ・ジョーカーの関係を連想させる。ゆえにJがジョーカーの子であるならカイはシャドウ・ジョーカーの子であるように見える。
 しかし同時に、JとカイはJとKであり得るから、ジャック(ジョーカー)とキング(スペード)それぞれの子ではないかとも想像できる。前者を願望しているが、何れにしても十月号以降の物語を待望しておきたい。

コロコロコミック八月号の怪盗ジョーカー最終回/移転後URL案内

 この記事は「poietes.hatenablog.com/entry/2017/07/16/000000」から「poietes.hatenablog.com/entry/20170716」へ移転済。

poietes.hatenablog.com