三条通のカフェ/MOVIX京都シアター3で天気の子を鑑賞16回目/出町座きみと、波にのれたら鑑賞6回目

 今日は職場の休日。
 午後、本当は出町座「デビルマン」と「きみ波」を観るはずだったが、迂闊にも上映時刻に間に合わなかったので断念し、MOVIX京都「天気の子」を観たあと出町座「きみ波」を観ることにした。それまでの間、三条通のカフェで夕食。チーズとトマトのカレーに栗のケーキ。太りそうな選択だった。
 18:20からMOVIX京都シアター3で新海誠監督「天気の子」鑑賞。16回目。
 須賀圭介が叱責したあとの沈黙と、銃声のあとのもっと大きな沈黙。何度観ても緊張感の高まる場面。そして森嶋帆高は詩人。台詞が一々胸を打つ。
 花火大会で天野凪先輩が連れているのは花澤カナ。佐倉アヤネは確かに元カノ。
 MOVIX京都の正面玄関の左脇には、京アニ作品の特集上映の告知が出ていた。
 21:05からは出町座の地階シアターで湯浅政明監督「きみと、波にのれたら」(きみ波)を鑑賞。6回目。
 優しい物語だが、時折の官能性の極大化や、集団性の闇への眼差しは「DEVILMAN crybaby」にも通じる。
 大波スペクタクル目当てに今まで観てきているが、前半の「リア充」描写も楽しくなってきた。2人の青年、雛罌粟港と川村山葵の言動に見惚れる。

 

 

 

 

MOVIX京都の京アニ映画作品特集上映/出町枡形商店街のロイとリン/出町座で湯浅政明監督作品DEVILMAN crybaby全10話/出町座で湯浅政明監督作品きみと、波にのれたら(きみ波)鑑賞5回目

 松竹直営のMOVIX京都で京アニ映画作品の特集上映が行われる予定であることが公表された。これは待望の企画であり、実に嬉しい反面、チケット争奪の大激戦になるに相違ないことが今から明白で、自由時間の乏しい社会人にとっては少々憂鬱でもある。
 ところで。
 昼3時頃、昨日に続いて今日も出町桝形商店街に行った。その約1時間後から湯浅政明監督の「DEVILMAN crybaby」と「きみ波」を一気に鑑賞するためで、この内容には流石に緊張を禁じ得ない中、商店街にあるカフェ「ロイとリン」で休憩して時間を過ごした。注文したのは、アイスゆず茶とクリームぜんざい。
 そして16時35分から出町座の地階シアターで湯浅政明監督作品「DEVILMAN crybaby」全話を鑑賞。16:35から前半5話、18:50から後半5話。合間には15分間の休憩あり。
 もはや現代の神話とも云える「デビルマン」の物語だが、表現は湯浅監督の個性に満ちて心地よい。牛尾憲輔の音楽も最高に良い。内山昂輝村瀬歩の芝居も凄かった。傑作だった。
 21:05からは出町座の地階シアターで湯浅政明監督作品「きみと、波にのれたら」(きみ波)を鑑賞。5回目。
 何度観ても終盤の大波が素晴らしい。川村山葵と雛罌粟洋子が互いに励まし合いながら立ち上がってゆく物語も、主人公たちの物語に劣らず面白い。主題歌も良い。やはり傑作。
 今宵の夕食は、「DEVILMAN crybaby」後半と「きみ波」との合間に、館内カフェ「出町座のソコ」のオムレツサンドとアイスカフェオレ。時間がなかったので急ぎ拵えていただき、5分間で慌しく戴いたが、美味だった。ありがたかった。次回はもっとゆっくり戴きたいと思った。

 

 

 

MOVIX京都シアター3で天気の子を鑑賞15回目/出町座きみと波にのれたら鑑賞4回目

 代休日。不図気になって調べてみるに、伊藤智彦監督の「劇場版SAO」上映が都内どこも終了した中、上映中だった栃木県小山市「シネマロブレ」へ遠出してまで新海誠監督が観に行って感想をtwitterに投稿したのは2017年7月12日の出来事だったのか。新海誠監督作品もSAOもともに愛する者にとっては嬉しい出来事だった。
 疲れていて眠かったが、夕方に慌てて外出。
 先ずは18:20からMOVIX京都シアター3で新海誠監督「天気の子」鑑賞。通算15回目。
 帰国して初の映画、初のアニメ。会場前ロビーで新たな壁紙も無事獲得できた。
 劇中、金龍山浅草寺雷門前で天野凪先輩はクーリッシュを飲んでいた。クーリッシュを持って浅草に行きたくなった。
 次いで21:15から出町桝形商店街の出町座 2階シアターで湯浅政明監督「きみと、波にのれたら」(きみ波)を鑑賞。4回目。
 七夕以来の鑑賞だが、やはり傑作だった。「夜明け告げるルーのうた」にも劣らない。
 久し振りに鑑賞して色々気付かされ、新鮮に感じることができたのは出町座ならではの鮮明な画質と迫力ある音響の賜物だろう。また来たい。
 ところで。
 帰宅後の深夜、イスタンブル土産(自分用)のチョコレートを食べて寛いだ。近年GODIVAがトルコ企業に買収されて質を落としたとか云われているそうだが、トルコのチョコレートの妙味は色々な豆類を含有した雑多な甘さにある。高級品にはない良さがあるのかもしれない。

 

 

天気の子における代々木の廃ビル/渋谷hotel koe tokyoにおける天気の子コラボカフェ&ポップアップストア

 朝、NHKなつぞら」では山口智子岡田将生に対して「大人になれよ」と云い、広瀬すずに対しては「大丈夫」と云った。「天気の子」を想起させた。
 ホテルを11時前に退出したあと、品川駅へ移動。帰る前に少し観光したいと考え、荷物を大型コインロッカーに預けて山手線で出立。先ずは代々木へ。映画「天気の子」における新海誠監督作品の新たな(しかし間もなく形を失う)聖地、「代々木の廃ビル」こと旧「代々木会館ビル」に来た。本当にあった。まだ形を留めている内に来ることができて幸いだった。古都イスタンブルから来た甲斐があった。
 次いで渋谷へ。渋谷hotel koe tokyoに開かれている「天気の子」コラボカフェ。チキン南蛮を注文。これは冷静に考えると本来フェリーの食堂の定食なのだが、ここのはオシャレで美味。健気な少年、森嶋帆高にこんなのを御馳走してもらえる須賀圭介への嫉妬と憧れをこめて食べた。飲物はブルーベリーヨーグルト。そしてデザートは「凪のてるてる坊主パフェ」。天野凪先輩を食べたも同然と云えなくもない。この渋谷hotel koe tokyoにおける 1階は「天気の子」コラボカフェで、2階は「天気の子」ポップアップストア。アニメ関連のカフェ&ストアとしては異例の超オシャレな店だが、店員は親切で居心地よかった。原画も展示していて楽しめた。盛大に食べて飲んで買うべし。2階は会員登録で即日割引料金になった。

 

 

 

 

帰国して最初に摂る天気の子の晴れソーダ

 出張先を発ったのは未明。成田に着いたのは夜7時半頃。東京駅に近いホテルに一泊。帰国して最初にいただいたのは「天気の子 晴れソーダ」。ホテル近辺のローソンを探して3軒目で無事発見できた。それにしても、ここは八重洲であって新宿ではないが、東京の高層建築群を見れば新海誠監督作品を連想するのは、映画の画が人の視覚を変えてしまうことを物語る。

 

出張先5日目/イスタンブル考古学博物館のカフェで古代ローマ彫刻を眺めながらクロワッサンで昼食/ブルーモスク/ブルーモスク近い公園のベンチで未知の女子に話しかけられる事件

 出張先5日目。最終日。仕事は昼には完了。これで半ば自由の身。盛大に観光に回った。昼食は、イスタンブル考古学博物館の古代ローマ彫刻の森にあるカフェで水とクロワッサン1個。三日月はオスマン帝室の御先祖にあたる中央アジア遊牧民カユ族の紋で、ゆえにクロワッサンの形はトルコの形であるということを想いながら、古代ローマ彫刻を眺めてクロワッサンを摂る愉悦。色々観て回って夜7時頃、観光を終えることにして、ブルーモスク近くの公園のベンチで休憩していたところ、現地(或いはむしろアラビアからの旅行者か)の美少女(というよりは美幼女)2人に急に親しく話しかけられたので、まさか盗賊一味ではないのか?話しかけられていた間に一味の者に何か盗まれてしまったのではないのか?と心配になって調べてみたが、幸い、大丈夫だったらしい。兎も角も、長かったように感じていた東ローマ帝国古都滞在も早くも終わり。約19時間後には帰国。早く時差ボケを脱して「天気の子」や出町座「海獣の子供」&「きみと波にのれたら」を観に行きたい。