入郷者に郷が従うように求める言説/ピカチュウ大仏の移動/劇場版Fate/stay night[Heaven's Feel]1.presage flower鑑賞

 二日前の出来事で書き忘れていたこと。
 朝、目覚まし時計の代わりに用いているテレヴィから聞こえて来たNHK朝ニュースで、道路交通における車の左側通行ルールが外国人に混乱を生じている問題を取り上げていたこと。古来「入郷而従郷」と云われてきたが、今や入郷者に郷が従わなければならないとは奇妙ではなかろうか。多分、これはグローバルスタンダードの名の下に日本のルールを変えて米国の自動車産業に貢献するための布石ではなかろうか。
 ところで。
 今日は休日ではあったが、生憎、午後からは仕事のため出勤を要する日でもあった。
 しかし先ずは午前中、このところ残業の連続で不在時配達三日間に及んでいた荷物を、徒歩で受け取ってきた。荷物の中身は、先日、高松市立美術館の「鏑木清方展」のグッズ売場で注文しておいた鎌倉市鏑木清方記念美術館叢書。小さくない段ボール箱に収まっていて、凄まじく重かった。雨の日に傘を差しながら抱えて歩き得るような荷物ではなかった。注文時には十六冊セットと聞いた気がしていたが、帰宅後、開封して中身を確かめてみるに、「卓上芸術編」二冊を除いた十四冊だったのか。
 午後には予定通り出勤。色々働いて、予定よりも遅く夕方五時頃に退出。松山市駅へ向かう途上、花園町の歩道が広く綺麗に整備された様子をあらためて眺めながら、果たして正岡子規生誕地の石碑はどうなったのだろうか?と思えば、流石、その周辺が綺麗な公園に整備されていた。
 松山市駅から古泉駅へ。エミフルMASAKIに着いて二階へ上がり、玩具売場前を行けば、四国初ポケモンストア開店を祝して一階の広場に設置されていたピカチュウ大仏がポケモン玩具の売場の向かい側に移動していた。そしてシネマサンシャインに着いたのは夕方六時前。
 夕方六時二十分から「劇場版Fate/stay night[Heaven's Feel]1.presage flower」を漸く鑑賞した。
 鑑賞後、グッズ売場へ行けば商品ケース内に何も売れ残っていない驚異の状況で、パンフレットさえも、豪華版も通常版もともに完売していた。悲しかった。
 雨の中を急ぎ足に古泉駅へ行き、郊外電車と市内電車を乗り継いで上一万駅で降車し、大学近い二十四時間営業の大型食料品店でバナナとトマトとトンカツとパンを買い、帰宅後、このところの残業の所為で冷蔵庫に残っていた大根をオロシ状態にして豆腐と一緒に味噌で煮て遅めの夕食。

 

 

 

 

帰宅の途上に翌日になる

 深夜十一時まで残業をしたのは久し振り。ここまで来ると、もはやタクシーに乗ってでも早く帰ろうとも思わず、約四十分間を要する徒歩を楽しみ、途上には大学近くにある二十四時間営業の大型食料品店に寄ってバナナとトマト等を買って帰宅。

モリモリソフトクリ遺跡におけるコマさん暴走/策に溺れる策士ひとりよがり/オロチと子狸とキュウビ

 職場を退出する時刻が何時にも増して遅くなったので、大街道のコンヴィニエンス店で今宵のための小さなカツ丼と翌朝のための大きなカツ丼と、今宵と翌朝のためのバナナと、明日の昼のためのパン二個を調達。九時を引かされたところ、ヤキソバと珈琲が当たった。タクシーで帰宅して洗濯しながら直ぐ夕食。自炊しないというのは意外に楽で、自由時間を確保し易いと再認識し得た夜。
 ところで。
 ニコニコ動画の「テレビ東京あにてれちゃんねる」(http://ch.nicovideo.jp/ch7)内の「妖怪ウォッチ」公式チャンネル(http://ch.nicovideo.jp/youkai-watch)で配信された第百九十一話を視聴。
 一。
 バスターズトレジャー編第十二回「モリモリソフトクリ遺跡」。
 今回はネコ2世もゾン・ビー・C(チョッパー)も不在。「大大大冒険家のインデイさんズラ」ことインディ・ジョーズとジバニャンとコマさんの三人だけで行動。しかし普段とは全く違った展開になった。なぜなら今回のダンジョンは巨大なソフトクリームで作られたような城塞だったから。だからコマさんが何時になく意欲に満ちていて、インディ・ジョーズの役割を全て引き受けた。ダンジョンの内部にあった謎の道具はソフトクリームを拵える機械で、コマさんは独力でソフトクリームを全て引き受けた。
 二。
 妖怪ひとりよがり事件。
 人々に独り善がりなことをさせる妖怪ひとりよがりは、ヨガをしながら力を行使する。ゆえに印度風の格好をしている。
 最初は学校のケータの学級に出現し、クマやフミカに妙な言動をさせたところをケータとウィスパーに見付かったが、ケータによって召喚されたジバニャンに対しては、むしろジバニャンの自由時間を邪魔する存在としてケータとウィスパーを認識させ、ケータとウィスパーへの反撃に利用してみせた。実に巧妙な戦い方だったと云えるが、そうした巧妙な策が破られたのは、ふぶき姫&あつガルル集団にまで余計な介入をして、深入りし過ぎてしまったから。まさしく策士が策に溺れた結果だった。
 三。
 オロチと子狸事件。
 オロチへの弟子入りを志願してきた子狸は、巨大な狸によって家族を離散させられ、居場所を失っていた。家族との平安な生活を取り戻すため、巨大な狸を打倒し得る力を得たいと願っていた。そこでオロチは極めて厳しい修業を課した。最初は、熊を相手に闘う特訓。次に、キュウビを相手に闘う特訓。オロチはキュウビに、手加減をしないように求めた。そして最後には、オロチ自身を相手に闘う特訓を課したが、その只中、子狸がオロチに通じる強大な力を秘めていることにオロチは気付いた。
 実際、子狸は巨大な狸との決闘においてその不可解な力を発動させ、見事に敵を打倒してみせた。子狸の境遇は昔レッドJに家族も友も故郷も奪われたオロチの境遇に通じていたから、オロチは子狸に特別な感情も抱いていた。オロチ自身は、完全に奪われて失われた人々も場所も何一つ取り戻しようがなかったが、子狸が幸福な日常を取り戻し得たのを見届けて、それを自身の幸福とし得たろうか。

ニコニコ動画おそ松さん第二期チャンネル第一話を配信開始日から約六日遅れて視聴

 ニコニコ動画おそ松さん」第二期(http://ch.nicovideo.jp/osomatsusan2)における第一話の配信を、今月八日零時から約六日遅れて漸く観た。テレヴィ放映の直後に早速一部で炎上したことが話題になりながらも今日まで配信停止されることなく、無事「ちゃんと」視聴できたことに先ずは感動した。
 この第一話の冒頭と途中に出てくるモノクロームの「おそ松くん」映像は、昭和四十一年から四十二年にかけてテレヴィ放映され、現在は赤塚不二夫生誕八十周年を記念してDVDで復活しているTVアニメ「おそ松くん」の、チルドレンズ・コーナー&スタジオ・ゼロの画風を見事に再現していて、その点にも感動した。
 特殊な意味で面白かったのは、「チョロ松アニメーションスクール」の「特別講師チョロ松先生」が「そもそも正しいアニメってのはね?人気キャラってのはさ?わかる?」と講じていた場面。世評を窺いながら手の平返しをクルクル繰り返す某オタク評論家先生を想起せざるを得なかった。

日帰旅行の翌日

 昨日は高松へ日帰旅行して、今日は普通に出勤。そして残業。辛うじて夜八時前に職場を出たが、流石に疲弊した。帰宅後にはレコルト社カプセルカッターキャトルで大根をオロシの状態にして豚肉と一緒に煮た。しかるに常備していたはずのキノコを使い切っていたことに気付いた。明日には買っておく必要がある。

日帰旅行記/高松市立美術館の鏑木清方展で徳川慶喜を鑑賞/梶裕貴twitterでマギ終了を知る

 休日。しかも夏のような快晴。ゆえに再び夏の格好。
 本当は家で存分に休んでいたかったが、どうしても今日中に行っておきたい場所があったので思案の末に十一時前に急ぎ外出。タクシーでJR松山駅へ急行し、特急列車に飛び乗り、一時五十五分頃に高松駅へ到着。実に立派な駅ではあるが、奇妙なことに、駅の周辺ではインターネット接続が困難で、駅を離れた途端に接続が容易になる。初夏に来たときもそうだったが、今日もそうだった。立派な駅であるのに、何故だろうか。
 携帯電話の地図を見ながら歩き、兵庫町のアーケイド商店街へ入って、まるで聖堂のようなドーム型の壮麗な空間を眺めたあと、今回の目的地である高松市立美術館へ。
 高松市立美術館では「鏑木清方展」を今月十五日まで開催している。開幕前から楽しみにしていたのに、観に来ること叶わなかった間に早くも間もなく閉幕してしまうので、何としても今日中に観ておきたかった。
 明治、大正、昭和それぞれの時期の趣味の変化や画家自身の円熟の度合いを伝える多様な美人画を存分に鑑賞できたが、一番の見所をなしたのは全会場の最後の空間に展示された名作「慶喜恭順」。官軍に対して心から恭順の意を表している徳川慶喜の物静かな姿を端正に描いている。近代の美人画における最高峰「築地明石町」が今や幻の名品と化してしまっている中、鏑木清方の傑作といえば重要文化財三遊亭円朝像」と、この「慶喜恭順」であると云える。美人画の巨匠と云われる人の最高傑作が実は男性像であるというのも面白い。ともかくも「慶喜恭順」を存分に観ることができて大いに満足した。鑑賞後にはグッズ売場で絵葉書四枚と、清方絵の双六の復刻版と、名品図録を購入。併せて清方記念館図録十六冊セットも注文しておいた。十日後には配達してくれるらしい。
 二階から一階へ降りて、高松市立美術館の常設展も鑑賞したあと、館内カフェで休憩。ケーキセットを注文。ベルギーチョコレイトのケーキで、濃厚で美味だった。
 カフェの横の売店にあるチラシの棚を眺めれば東京都台東区にある朝倉彫塑館の「猫百態」のチラシがあった。何と素晴らしい展覧会だろうか。朝倉文夫の彫刻はリアリズムを基本としているが、その厳しい観察眼と迫真の描写力は猫の本当の愛らしさを見事に表し尽くしてしまう。朝倉文雄自身は無類の愛猫家だったが、猫の造形にあたっては猫を敢えて愛らしく表現するのではなく、猫の姿形そのものを捉えている。しかるにそうすることで却って、猫が具える本来の愛らしさ、美しさを最も鋭く、深く造形化し得ている。それを存分に鑑賞できる展覧会というのは、実に待望の企画であると云わなければならない。行きたい。
 閉館時刻にあたる夕方五時の少し前に高松市立美術館を出て、商店街から三越の前を通って高松城の手前に出た。琴平電鉄(琴電)の線路の向こう側に高松城の堀と石垣があり、櫓が木の陰に隠れてしまう角度からの眺め。櫓の奥には香川県立ミュージアムが見える。堀には海水が流れていて、海辺に来た気分。もっと早い時刻に来ていたなら香川県立ミュージアムにも寄りたかったが、生憎、既に閉館時刻の五時を過ぎていた。
 五時十七分頃、高松駅に帰着。指定席の券を買い、五時五十分に出立。夜八時半に松山駅へ着き、市内電車で道後まで戻り、大型食料品店に寄って帰宅。その間、twitterを眺めていたところ、梶裕貴大高忍の漫画「マギ」の連載終了について原作者の労を労っているのを読んだ。なるほど、終わったのか。どのような終わり方をしたのかを単行本で見届けよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

AG-ON Premiumでムラシロ水曜日さん二度目のこんにちは!を聴く

 今月は残業成金になりそうな気がしている。
 夜、文化放送A&Gオンデマンド配信サイト「AG-ON Premium」(エジオンプレミアム)で先週五日に配信されたレイディオ番組「村瀬くんと八代くん 水曜日さん 2度目のこんにちは!」(ムラシロ)を漸く聴取。冒頭におかしな音声が入っているようだが、これは番組の収録時、出演者の二名(村瀬歩八代拓)に収録の開始を告げるディレクターの声だろうか。
https://agonp.jp/programs/view/12」。